手羽中の塩焼き。

夕方は社宅の一斉清掃が入っていた本日。

その前もずっと予定が詰まっていて、晩御飯の準備もできませんでした。

それでも、お腹が空くのは止められません。

腹ペコの夫や子どもたちのために早くご飯を作らねば!

今日のメインは、すぐに火が通るし、みんなが大好きな手羽中。

どんな味付けにして焼こうか、と思ったのですが、我が家にはいろんなタレがあるので、むしろそれをかけて好きなように食べる方がいい、と思い直し、シンプルに塩焼きにすることにしました。

フライパンいっぱいの手羽中を焼きながら、先日購入しておいた長いもをすりおろします。

最近仕事がかなり立て込んでいてお疲れ気味の夫に元気を出してもらおうと、とろろ飯にすることにしたのです。

このとろろ飯、子どもたちも大好きなんです。

私は苦手ですが(笑)

そしてレタスを刻み、キュウリを切って生野菜を準備して今日はおしまい。

ちょっと質素ですが、めんたいや漬物などがあるので、これで勘弁してもらいましょう。

とろろ飯に子どもたちは大喜び。

大きな長芋一本分のすりおろしは、3人できれいに食べあげてくれました。

本当にすごい食欲です。

手羽中は、それぞれが数本ずつ好きな味で食べておりました。

今回準備したのは塩コショウ、レモン塩、焼肉のタレです。

みんなすべての味を試すようにして食べていましたので、山盛りの手羽中もあっという間になくなってしまいました。

自分で何か一味加える方が楽しくてさらに食が進むのかもしれませんね。

結局2.5合炊いたご飯はなくなってしまったので、また翌朝用に米を研ぎました。

手羽中も残ったのはたったの4本。

我が家のエンゲル係数、上がりっぱなしです。

でも、息子はまだ小学生。

今よりもっと食べるようになるんだろうな、恐ろしや・・・。

名古屋で婚活パーティー

お気に入りメニューまた一品発見。

豚肉を晩御飯に使おうと、冷凍庫から冷蔵庫へ移して解凍しました。

ついでに、3割引きだった厚切りベーコンも。

使い道は特に決まっていませんでしたが、とりあえず冷凍してあると使えないのでね。

夕方、メニューを考えます。

冷蔵庫ににらとえのきがあるので、豚肉とにらの卵とじと、豚とえのきのさっぱり煮を作ることにしました。

私はいつも大量パックを買ってきて小分け冷凍しているので、その一つを取り出したんですが、量が結構多いものだったので、2品に分けられることになったのです。

1/3の豚小間は、小さく切られてにらと炒められます。

塩コショウと味の素というシンプルな味付け。

最後に卵を流し入れ、ぐるぐる混ぜて完成です。

簡単だけどとってもご飯が進むのです、これ。

家族の好物なんですよ。

そしてえのきと残りの豚小間を、めんつゆと酢を合わせたもので煮たさっぱり煮。

味付けは濃いめですが、酢が入っているため、後味さっぱりです。

調味料を煮立てた中に豚とえのきを入れて火を通すだけのとっても簡単レシピなので、ちょくちょく作ります。

鶏肉よりも火が通りやすいのが魅力です。

そしてベーコンです。

う~ん、このまま切って焼いてもおいしいけれど、何か違う工夫が欲しいなぁ。

ふと、野菜室に大根があるのを思い出しました。

そうだ、大根とこのベーコンを煮てみよう。

だしの素としょうゆ、さとうというシンプルな味付けで、柔らかくなるまでしっかり煮込みます。

ベーコンから出る脂のコクが淡白な大根にとてもよく合うのです。

これは思った以上のヒットで、大根1/2本がきれいになくなってしまいました。

普段あまり大根の煮付けを食べない娘までおかわりして食べていたのにびっくりでしたね。

大根、これからはベーコンと煮付けるのが定番になりそうです。